TRIP BASE STYLE 京都

華やかな古都と懐古的な里山の風景
見る人の心ふるわせる奥深き京都へ

日本の四季を情緒豊かに映し出す京の都から、南部の里山へと向かえば景色は一変。斜面一帯に広がる茶畑のパノラマは美しくも素朴で、どこか懐かしい気分に浸れます。また、北部の日本海側へと足を運べば、迎えてくれるのは日本三景にも数えられる絶景。古都と山と海、多彩な魅力に満ちた京都をめぐります。

SPOT

京都・東山花灯路

寺院・神社と桜のコラボは春の京都を代表する風景

歴史に彩られた京の都が桜に包まれる春景色は圧倒される美しさ。満開の桜に囲まれた寺院・神社はもちろん、花びらが舞い落ちる祇園白川、ライトアップされた円山公園のしだれ桜など、どこを切り取っても絵になります。また、毎年3月に開催される「東山花灯路」も早春の風物詩。東山地域が、露地行灯で幻想的に照らされます。

月ヶ瀬梅林
写真提供 一般財団法人奈良県ビジターズビューロー

紅白の梅が飾る渓谷で
春の香りを感じる

京都府東南端の南山城村からほど近い、奈良県奈良市の梅の名所「月ヶ瀬梅林」。五月川の渓谷沿いに約1万本もの梅樹が並んでおり、大正11年(1922)には国の名勝地に指定。2月中旬から3月に見頃を迎え、ひと足早く春の訪れを知らせてくれます。眺望抜群のビュースポットや梅林公園などがあり、ハイキングも楽しめます。

GOURMET

宇治茶 宇治茶 京タケノコ

宇治茶

宇治茶 宇治茶 京タケノコ

“茶源郷”で育てられた宇治茶と
春の京野菜をはんなり味わう

宇治茶&京タケノコ

八十八夜を過ぎた5月は新茶の季節。京都のお茶といえば「宇治茶」が広く知られています。その主産地は京都府南部にある和束町と南山城村。のどかな町全体に茶畑が広がっており、お茶を使ったスイーツも味わえます。
また、京野菜の春の味覚に「京タケノコ」があります。刺身にできるほどのやわらかさと独特の風味が特徴で、さまざまな京料理に用いられています。

SPOT

鴨川の納涼床

夏の河原で楽しむ
京都の粋な伝統文化

夏の京都を代表する楽しみが鴨川の納涼床。鴨川のそばで涼を取りながら、京料理とビールで風流極まるひとときを過ごせます。桃山時代に、商人が河原に見物席などを設けるようになったのがはじまりとのこと。また、貴船の川床も有名で、山中を流れる川の真上に床が用意されています。川のせせらぎを耳にしながら、市街地とはまた違った風情が楽しめます。

天橋立

股のぞきでも知られる
日本三景の眺め

京都府北部の宮津湾にある特別名勝「天橋立」。何千年もの歳月を経て自然が造りだした珍しい造形が、天に架かる橋のように見えることからこの名前が付けられました。展望所からの眺めはもちろん、全長約3.6kmの砂州を歩いたり、レンタサイクルで渡ったりもでき、観光船やモーターボート、シーカヤックなど、海上からの眺望も楽しめます。

GOURMET

鱧料理 鱧料理 甘味 甘味

鱧料理

鱧料理 鱧料理 甘味 甘味

京の夏の味覚、鱧料理と
名物の抹茶スイーツ

鱧料理&甘味

内陸部にある京都の中心部では、昔は鮮度の良い魚を手にいれるのが困難だったため、生命力が強く鮮度を保ったまま運んでこられた「鱧」が食文化に根付きました。今では京都の夏には欠かせない存在で、多くのお店でおいしい鱧料理が食べられます。
また盆地である京都の夏はとても暑い。観光の途中にひんやり抹茶スイーツで一休みがおすすめです。

SPOT

嵐山

渡月橋と背後の山々が
織りなす圧巻の紅葉景色

街の中心部のほど近くにありながら豊かな自然が広がっており、美しい四季の移ろいを目にすることができる「嵐山」。数多くの紅葉スポットが点在する京都のなかでも嵐山の景色はすばらしく、赤や黄に色づく雄大な山々と清らかな桂川に架かる渡月橋の眺めは、まるで一幅の絵のよう。思わず見惚れてしまいます。

嵯峨野トロッコ列車

トロッコ列車に揺られながら渓谷沿いのショートトリップ

レトロな観光列車「嵯峨野トロッコ列車」に乗って、保津峡の自然風景の中を旅してみるのもおすすめ。トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅までの7.3kmを約25分で結んでおり、四季折々の渓谷美を間近に感じられます。特に窓ガラスのないオープンな車両「リッチ号」(5号車)は格別。道中には見どころポイントが多く、通過する際は速度を落として運行してくれます。

GOURMET

丹波マツタケ ぼたん鍋

丹波マツタケ

丹波マツタケ ぼたん鍋

奥深い山々に抱かれた
丹波地方の秋のごちそう

丹波マツタケ&ぼたん鍋

京都府と兵庫県の中山間地域にまたがる丹波地方の「丹波マツタケ」は、秋の贅沢食材、マツタケの全国ブランド。香りの良さと弾力のある歯ごたえが特徴で、最高級の国産マツタケともいわれています。
同じく丹波地方では「ぼたん鍋」もご当地料理として有名。地元でとれた猪肉を牡丹の花のように盛ることが名の由来で、狩猟が解禁される11月中旬ごろから冬にかけての名物です。

SPOT

真っ白の雪に覆われた社寺
写真提供 京都市メディア支援センター

寺も町も、白銀の世界に
包まれる冬の京都へ

雪が深々と降り積もる京都の街は、春や秋の華やかな姿とはまた違う、凛とした雰囲気に。真っ白な雪に覆われた社寺は静けさの中で荘厳な雰囲気をより一層引き立たせ、古い町並みの雪の上をヒタヒタと人が行き交う光景にも風情を感じられます。また、お寺によっては冬限定の特別拝観を実施しているところも。出掛ける前に要チェックです。

美山かやぶきの里雪灯廊
渡月橋ライトアップ 写真提供 京都・花灯路推進協議会

ライトアップで演出する
幻想的な日本の原風景

美山町の集落「京都美山かやぶきの里」は、今なお39棟の茅葺民家が残る国の保存地区。冬に開催される「美山かやぶきの里雪灯廊」は雪灯籠の点灯や茅葺民家のライトアップで、山里が幻想的な光に包まれます。また“灯り”をテーマにした嵯峨・嵐山の「嵐山花灯路」では、ライトアップされて闇夜に浮かび上がる渡月橋や竹林の小径など光と陰影が創り出す美しい空間が楽しめます。

GOURMET

間人ガニ 間人ガニ 間人ガニ アカモク(写真提供 京都府農林水産技術センター海洋センター) バチコ

間人ガニ

間人ガニ 間人ガニ 間人ガニ アカモク(写真提供 京都府農林水産技術センター海洋センター) バチコ

冬の丹後の海で獲れる
希少なカニと新名物

間人ガニ&アカモク&バチコ

冬の味覚、ズワイガニは地域によって名称が異なります。丹後半島の間人港で水揚げされるものは「間人(たいざ)ガニ」と呼ばれ、少量しか獲れないため“幻のカニ”とも。また、丹後の海には冬になると「アカモク」と呼ばれる海藻が海面に頭を出します。シャキシャキ食感とネバリが美味で、新名物として注目されています。
京料理のお品書きに見かけることも多い、「バチコ」はなまこの卵巣を干した高級珍味で熱燗の肴におすすめです。

MAP MAP

京都丹後鉄道 丹後くろまつ号 京都丹後鉄道 丹後くろまつ号

伊根の舟屋群 伊根の舟屋群

智恩寺・四軒茶屋 智恩寺・四軒茶屋

KUSKA FACTORY SHOP TANGO KUSKA FACTORY SHOP TANGO

道の駅 京都 宮津 道の駅 京都 宮津

道の駅 舞鶴港 とれとれセンター 道の駅 舞鶴港 とれとれセンター

長老酒造 長老酒造

タニモトホースランチ タニモトホースランチ

道の駅 京丹波 味夢の里 道の駅 京丹波 味夢の里

JR・近鉄京都駅 JR・近鉄京都駅

平等院 平等院

石寺の茶畑 石寺の茶畑

天空カフェ 天空カフェ

上狛茶問屋街 上狛茶問屋街

道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村 道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村

山の辺の道 サイクリング 山の辺の道 サイクリング

飛鳥回遊 サイクリング 飛鳥回遊 サイクリング