TRIP BASE STYLE 京都

古今の文化・文明に触れる
京都&奈良、歴史トリップコース

受け継がれるお茶の薫りと、
過ぎ去りし古の世界へ

京都といえば宇治茶。その一大産地である南部の和束町、南山城村では、緑の山腹一面に広がる茶畑が旅人を迎えてくれます。昔から人々の生活の中にあり続けるその風景を眺め、茶の薫りに満たされた後はお隣の奈良県へ。明日香村や桜井市には、飛鳥、奈良時代の貴重な旧跡が数多く点在。ミステリーロマンあふれる地をサイクリングでめぐれば、今はなき古の文明の一端が垣間見えます。

  1. JR京都駅

    約40分

    ルート
    閉じる

    JR奈良線「京都駅」乗車「宇治駅」下車(約30分)、下車後徒歩(約10分)

    ※移動にかかる所要時間は目安です。実際の交通状況により変更になる可能性があります

  2. 平等院

    平等院

    約50分

    ルート
    閉じる

    JR奈良線「宇治駅」まで徒歩(約10分)、JR奈良線「宇治駅」乗車「上狛駅」下車(約30分)、下車後徒歩(約10分)

    ※移動にかかる所要時間は目安です。実際の交通状況により変更になる可能性があります

  3. 上狛茶問屋街

    上狛茶問屋街

    約15分

    ルート
    閉じる

    タクシーで約15分(約9km)

    ※移動にかかる所要時間は目安です。実際の交通状況により変更になる可能性があります

  4. 石寺の茶畑

    石寺の茶畑

    約5分

    ルート
    閉じる

    タクシーで約5分(約2.5km)

    ※移動にかかる所要時間は目安です。実際の交通状況により変更になる可能性があります

  5. 天空カフェ

    天空カフェ

    約43分

    ルート
    閉じる

    タクシーでJR関西本線「笠置駅」まで約20分(約12㎞)、JR関西本線「笠置駅」乗車「月ヶ瀬口駅」下車(約13分)、下車後徒歩(約10分)

    ※移動にかかる所要時間は目安です。実際の交通状況により変更になる可能性があります

  6. 道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村

    みなみやましろ村

    道の駅 お茶の京都

    宿泊

1日目

JR京都駅

9:00出発

平等院

10:00頃到着

京都府宇治市平等院

10円硬貨のデザインでもおなじみ、左右対称の均整のとれた姿が美しい世界遺産。鳳凰を屋上に戴く鳳凰堂や阿弥陀如来坐像など、数多くの国宝・文化財を見ることができます。大型の八花鏡をはめ込んだ天蓋や壁扉画も要チェック。

移動時間
<JR京都駅⇒平等院まで>
JR奈良線「京都駅」乗車「宇治駅」下車(約30分)、下車後徒歩(約10分)
※移動にかかる所要時間は目安です。実際の交通状況により変更になる可能性があります。

11:30出発

上狛茶問屋街

12:30頃到着

京都府木津川市上狛茶問屋街

かつては木津川の水運を利用した交通の要衝であった上狛地区。その地の利により、幕末から昭和初期にかけて数多くの茶問屋が建てられ、今も40軒ほどが現存しています。古い街並みで、ほんのり茶の香りを感じながらのそぞろ歩きを。

移動時間
<平等院⇒上狛茶問屋街まで>
JR奈良線「宇治駅」まで徒歩(約10分)、JR奈良線「宇治駅」乗車「上狛駅」下車(約30分)、下車後徒歩(約10分)
※移動にかかる所要時間は目安です。実際の交通状況により変更になる可能性があります。
上狛茶問屋街
写真提供 木津川市観光協会

14:00出発

石寺の茶畑

14:15頃到着

京都府相楽郡和束町石寺の茶畑

宇治茶の主産地であり、“茶源郷”とも呼ばれる和束町。小高い山の斜面には茶畑が空まで届くかのように広がっており、その美しくも懐かしい景色は、日本の原風景といえます。八十八夜の前の4月下旬には茶摘みが始まります。

移動時間
<上狛茶問屋街⇒石寺の茶畑まで>
タクシーで約15分(約9km)
※移動にかかる所要時間は目安です。実際の交通状況により変更になる可能性があります。

14:45出発

天空カフェ

15:00頃到着

京都府相楽郡和束町天空カフェ

和束町運動公園内の山の頂に位置する茶室。完全貸し切りの空間で、和束町ののどかな風景を眼下にしながらお茶で一服は、ここにしかない唯一無二の体験です。利用する際は、麓の「和束茶カフェ」で、鍵の受け取りとお茶の購入が必要。
※2020年6月現在、天空カフェは休業中。

移動時間
<石寺の茶畑⇒天空カフェまで>
タクシーで約5分(約2.5km)
※移動にかかる所要時間は目安です。実際の交通状況により変更になる可能性があります。

15:30出発

STAY

16:30頃到着

京都府相楽郡南山城村フェアフィールド・
バイ・マリオット・
京都みなみやましろ

「道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村」に隣接する「フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろ」。清々しい茶畑が広がる雄大な景観と歴史ある社寺巡り、木津川沿いの自然が生み出す造形美など、京都唯一の村を満喫できる旅の拠点となります。「道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村」では、南山城村の特産品である香り高い宇治茶のドリンクやスイーツをはじめ、山あいの村で育った野菜や原木しいたけなど南山城村の新鮮食材を味わえます。茶畑を見ながら本物のお茶をいただくプチ贅沢な体験も人気。「フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろ」では、豊かな自然の中で日常から解放されるホテルステイを満喫できます。

フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろ

※画像はイメージです。

移動時間
<天空カフェ⇒
フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろまで>
タクシーでJR関西本線「笠置駅」まで約20分(約12㎞)、JR関西本線「笠置駅」乗車「月ヶ瀬口駅」下車(約13分)、下車後徒歩(約10分)
※移動にかかる所要時間は目安です。実際の交通状況により変更になる可能性があります。
交通
  • ●京奈和自動車道「木津IC」から車で約30分(約25㎞)
  • ●JR関西本線「月ヶ瀬口駅」下車、下車後徒歩(約10分)

村人の暮らしの中にあり
続ける、お茶の魅力を発信

京都府相楽郡南山城村道の駅 お茶の京都
みなみやましろ村

宇治茶の名産地として知られる、京都でたったひとつの村、南山城村。山々と茶畑の風景に抱かれた道の駅では、この土地で産まれたものを“つちのうぶ(土の産)”と銘打ち、自然の恵みと村人の知恵によって作られたさまざまな品を取り扱っています。メイン施設の「のもん市場」には、むらちゃパウンドケーキやむらちゃプリンなど、村の特産品である“村茶”をふんだんに使用したオリジナル商品がズラリ。抹茶スイーツは毎日手作りしています。また、村風土食堂「つちのうぶ」では、一番茶を使用した香り豊かな茶そばを味わうことも。

自給自足の中で生まれた生活の知恵や、村の暮らしぶりを体感できる道の駅 村抹茶ソフトクリーム410円。抹茶のほのかな苦みが良いアクセントに 採れたての新鮮野菜や村茶商品など、“村のもの”が集まる「のもん市場」 南山城の山一面に広がる茶畑には、村の人々の想いが込められている

自給自足の中で生まれた生活の知恵や、村の暮らしぶりを体感できる道の駅

PICK UP!上質な抹茶を使用した
濃厚ソフトクリーム

村茶オリジナル商品の中で、特におすすめなのが「村抹茶ソフトクリーム」。春摘みの抹茶を贅沢に使用しており、西日本道の駅ひんやりスイーツ総選挙2019では1位に輝いています。甘さひかえめのなめらかな味わいをご賞味あれ。

住所
京都府相楽郡南山城村北大河原殿田102
移動時間
<天空カフェ⇒道の駅 お茶の京都 みなみやましろ村まで>
タクシーでJR関西本線「笠置駅」まで約20分(約12㎞)、JR関西本線「笠置駅」乗車「月ヶ瀬口駅」下車(約13分)、下車後徒歩(約10分)
※移動にかかる所要時間は目安です。実際の交通状況により変更になる可能性があります。
交通
  • ●京奈和自動車道「木津IC」から車で約30分(約25㎞)
  • ●JR関西本線「月ヶ瀬口駅」下車、下車後徒歩(約10分)
駐車場
133台

古今の文化・文明に触れる
京都&奈良、歴史トリップコース

2日目へ