TRIP BASE STYLE 岐阜

美しく豊かな清流が育み、
守り続けた
日本古来の原風景を冒険する

豊かな自然と生態系が残るこのエリアでは日本古来の文化が独自の形を保って発展し、生き続けています。また、古くから交通の要所として、街道や宿場町が数多く点在し、今でもその街並みを感じることができます。

SPOT

荘川桜

荘川町の湖畔に
今も咲き誇る奇跡の桜

のどかな田園風景が広がる岐阜県には桜の名所が点在しています。なかでも高山市荘川町の「荘川桜」は、昭和35年(1960)のダムの建設によって湖の底に沈もうとしていた2本の巨桜をダム湖岸に移植した「奇跡の桜」。樹齢500年を超える現在でも毎年花を咲かせ、町のシンボルとして人々の心の拠り所となっています。

長良川鉄道

ローカル鉄道に揺られて
のんびりお花見トリップ

美濃太田駅を出発し、岐阜県を縦につなぐ長良川鉄道は自然豊かな美濃の風景を車窓からのんびりと楽しめるローカル鉄道。暖かくなると桜や菜の花が咲き乱れる様子を眺めることができます。観光列車「ながら」ではランチやスイーツを味わえるプランもあるので、春の景色を楽しみながらの列車旅もおすすめです。

GOURMET

山菜料理 山菜料理 からすみ からすみ

山菜料理

山菜料理 山菜料理 からすみ からすみ

山里に芽吹いた山菜の風味を楽しみ、
郷土菓子で春を感じる

山菜料理&からすみ

県土の約8割を森林が占める岐阜県の春の味覚といえば「山菜料理」。特に奥深い山々に抱かれた飛騨地方や郡上市は山菜の宝庫。ゼンマイ、ワラビ、タラの芽など、春の香りが口いっぱいに広がります。
また、春を告げる桃の節句のお供えものとして知られるのが「からすみ」。米粉を練って蒸した東濃地域の郷土菓子で、モチっと弾力のある食感が特徴です。

SPOT

郡上おどり

三十夜を踊り狂う
郡上の夏を体感!

岐阜の夏の風物詩といえば郡上おどり。毎年7月中旬から9月上旬にかけて、約30夜開催される日本最長の盆踊りです。例年延べ30万人もの観光客が訪れ、8月の4日間、朝まで夜通し踊り続ける「徹夜おどり」は期間中で最も盛り上がります。参加者の多くは下駄や浴衣を着ていますが、観光客の飛び入り参加もOK!

長良川

渓谷の木漏れ日の中で
長良川の清流を楽しむ

近年、人気が高まっているのが清流、長良川で体験できるラフティングやキャニオニング。渓谷に囲まれた雄大な景観と美しい水質を活かした、天然のウォータープールが楽しめます。のんびり派には川沿いでのバーベキューや1DAYキャンプがおすすめ。手ぶらで楽しめる施設もあるので、気軽にアウトドアを満喫できます。

鮎やな

「鮎やな」でつかみ取りした鮎をその場で丸焼きに

「鮎やな」とは、丸太や竹で組んだ「やな」という仕掛けに流れ込んできた鮎を捕る、昔ながらの漁の仕組み。「清流長良川の鮎」は世界農業遺産にも指定されている、岐阜を代表する味覚の一つです。やなに上がった鮎をつかみ取りしたり、その場で焼いて食べたりと、普段は味わえない涼を感じることができます。

鵜飼

岐阜の夏を彩る古来伝統の漁を目の前で!

「鵜飼(うかい)」とは鵜匠が鵜を操り、魚を丸呑みさせて捕る伝統的な漁のこと。国の重要無形民俗文化財に指定されていて、毎年5~10月まで長良川沿いで見ることができます。伝統衣装に身を包んだ鵜匠が水面を篝火で照らしながら鵜を操る様子は圧巻! 数隻の篝火が集まる景色を離れた岸から眺めるのも幻想的です。

GOURMET

関あゆ丼(写真提供 関市観光協会) 関あゆ丼(写真提供 関市観光協会) 水まんじゅう 水まんじゅう

関あゆ丼(写真提供 関市観光協会)

関あゆ丼(写真提供 関市観光協会) 関あゆ丼(写真提供 関市観光協会) 水まんじゅう 水まんじゅう

豪快な鮎の名物丼と
ひんやりデザートを堪能!

関あゆ丼&水まんじゅう

長良川の恵みを受けた鮎は清流グルメの象徴。関市では、鮎を豪快にごはんに盛り付けた「関あゆ丼」がご当地グルメとして人気です。お茶漬け風、かつ丼風など調理方法は自由なので、好みのお店を見つけてみましょう。
大垣名物「水まんじゅう」も、岐阜らしい夏の風物詩。水の中に並んだ涼し気な姿とひんやりした味に、夏の暑さも忘れそうです。

SPOT

郡上八幡城

「天守炎上」と謳われた
郡上八幡城の紅葉は必見!

美しい山々に囲まれた岐阜は、秋の紅葉も魅力の一つ。標高354mの八幡山山頂に建つ郡上八幡城は県内でも指折りの紅葉スポット。4層5階の天守閣からは城下町が一望でき、一面が紅色に染まる絶景を味わうことができます。毎年11月にはもみじ祭りが開催され、期間中は夜間のライトアップも行われます。

秋の味覚

良質な空気と水がもたらした秋の味覚を堪能

山間部ではキノコ狩りや栗拾いなど秋ならではの行楽が楽しめます。また、秋の味覚で欠かせないのが新そば。雪解け水と美しい空気、朝晩の寒暖差が大きいことから、良質なそばの実が育つといわれています。毎年10月頃に出回り始めるので、この時期にはより香り高いそばの風味を楽しむことができます。

GOURMET

栗きんとん 栗きんとん 飛騨牛 飛騨牛

栗きんとん

栗きんとん 栗きんとん 飛騨牛 飛騨牛

郷土菓子からブランド牛まで
秋はよくばりに味わいたい

栗きんとん&飛騨牛

蒸した栗の実を砂糖と炊き上げ、栗の形に仕上げた「栗きんとん」。栗の一大産地である中津川市や恵那市の名物で、秋の味覚の代表格として広く親しまれています。
また、食欲の秋には岐阜の食の王様「飛騨牛」は外せません。寒さで皮下脂肪も増え肉質もしまる秋から冬が食べ頃。最高品質の黒毛和牛をステーキやしゃぶしゃぶのほか、岐阜ならではの朴葉味噌焼きでも楽しめます。

SPOT

雪化粧に染まった城下町や古い街並み

雪化粧に染まった城下町や古い街並みを散策

冬場は積雪の多い美濃エリア、町なかも美しい雪景色に染まります。犬山城、郡上八幡城、岐阜城といった名城たちもいっそうその姿を輝かせ、城下町や古い商家が残る「うだつの上がる街並み」が白く染まる様子もまた風情があります。しんと静まり返った町なかを歩き、体が冷えたら町屋カフェでひと息してみては?

ウィンタースポーツ

豊富な積雪でウィンタースポーツも楽しめる!

観光ではオフシーズンと思われがちですが、冬場の最大の楽しみはなんといってもスキー&スノーボード。荘川町、郡上市の北部にはスキー場が点在していて、スキーヤーたちが多く訪れます。ボードやウエアもレンタルできるので、手ぶらでの利用もOK。美しい山々に囲まれながら、ゲレンデを滑り降りる爽快感を楽しんで!

GOURMET

朴葉みそ 朴葉みそ 鶏ちゃん 鶏ちゃん

朴葉みそ

朴葉みそ 朴葉みそ 鶏ちゃん 鶏ちゃん

素朴で温かな郷土料理で
冬の冷えた体をポカポカに

朴葉みそ&鶏ちゃん

茸やネギなどの具を味噌と一緒に朴葉の上で香ばしく焼く「朴葉みそ」や、鶏肉を野菜と炒め合わせた岐阜県民のソウルフード「鶏(けい)ちゃん」など、冬は温かい料理が一番! 朴葉みそは、寒さが厳しい冬に凍ってしまった漬物を朴葉に乗せ、焼いて食べたことが発祥ともいわれています。しぼりたての新酒とともに味わいたいですね。

MAP MAP

長良川鉄道 長良川鉄道

道の駅 桜の郷 荘川 道の駅 桜の郷 荘川

石徹白集落 白山中居神社 石徹白集落 白山中居神社

冒険の森in いとしろ 冒険の森in いとしろ

郡上八幡城 郡上八幡城

道の駅 古今伝授の里やまと 道の駅 古今伝授の里やまと

やなか水のこみち やなか水のこみち

名もなき池(通称:モネの池) 名もなき池(通称:モネの池)

道の駅 美濃にわか茶屋 道の駅 美濃にわか茶屋

道の駅 みのかも ぎふ清流里山公園 道の駅 みのかも ぎふ清流里山公園

杉原千畝記念館 杉原千畝記念館

可児市観光交流館 可児市観光交流館

岐阜城 岐阜城

RIVER PORT PARK美濃加茂 RIVER PORT PARK美濃加茂

国宝 犬山城 国宝 犬山城

石徹白集落 石徹白集落